各種共済・保険・サービスのご案内

学生総合共済

学生総合共済は全国の大学生協同して作った全国211大学生協70.5万人以上のたすけあいの制度です。
「卒業まで学業継続が出来るように」万一の事故や病気などで経済的に困ることがないようにと作られた、学生どおしのたすけあいの制度です。大学生活をはじめ、留学、旅行など含めた国内、海外24時間保障。精神疾患による入院も保障対象です。
また、一人暮らしの方には火災共済も準備しています。
早稲田生は昨年1211件、1億166万円の給付がありました。

学生総合共済

自分だけでなく、他人への賠償事故にも「学生賠償責任保険

近年増えている自転車事故。早稲田生も他人事ではありません。学生総合共済同様、国内、海外24時間保障大学のキャリアセンターからもインターンシップの際の保険として推薦いただいています。
早稲田生は昨年48件、約685万円の保険金支払いがありました。

学生賠償責任保険

ご扶養者の万一に備え、学業継続ができるように「扶養者死亡保障保険

扶養者の万一の際でも学業継続ができる事を目的に設計した「扶養者死亡保障保険」。学費に合わせて最大9口までかけられます。万一の際の申請も学生ご本人がいつも利用している生協店舗でできる事も魅力のひとつです。

扶養者死亡保障保険

扶養者死亡保障保険は口数が増やせます

  おすすめ口数 初年度納入平均 2〜4年生までの平均
文系 3口 1,197,086円 1,184,285円
理系 6口 1,735,750円 1,646,000円
人間科学部・スポーツ科学部 5口 1,620,500円 1,582,500円
国際教養学部 5口 1,593,000円 1,590,000円

出典:早稲田大学ホームページ「2017(平成29)年度 学部 入学金 学費 諸会費一覧」より

キャンパスライフを24時間365日サポート「学生生活お助けGo!

様々な悩み・トラブルに対して、相談・各種機関の窓口紹介、緊急駆けつけサービスを24時間365日提供しています。

学生生活お助けGo!

安心・安全な食生活をサポート「学食パス

学食パスとは、通学や電子マネーとして駅やコンビニ等で利用しているSuica、Pasmoなどの交通系ICカードを「学食パス」用にご登録いただくことで、学食でご利用料金を決済することができるサービスです。手持ちの現金が無い時でも食事をしっかりとることができ、またWebで食事の履歴をいつでも見ることができるため保護者の方にも安心していただけるサービスです。

生協・共済加入、学食パス案内