新型コロナウィルス感染症への対応についてよくあるご質問

Q1合格しましたが、
①入国制限により来日できるかわからないため、物件を借りる手続きをどの様に進めたらよいですか?
②オンライン授業が継続するかわからないため、どの様に物件を借りる手続きを進めたらよいですか?

A1①②ともに、物件を探して申込・契約すると、キャンセルした場合に違約金等の余計な費用が発生します。(具体的には礼金や1ヵ月分の家賃相当額、仲介手数料等が返ってこないケースが多いため、申込をする前に確認することをお勧め致します。)よって、①出入国ができるかどうか、②オンライン授業が継続するかどうか、が確定した後に物件を探すのがベターと考えます。状況が確定次第、すぐに物件の内見や申し込みができるよう、事前にインターネットやメール、電話、または店舗に来店してどの様な物件があるか調べておくとよいです。ご相談は早稲田大学生活協同組合窓口へお問い合わせください。オンラインでの相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

Q2合格後、物件を探して契約しましたが、新型コロナウィルスの影響で急遽、渡航または引っ越しができなくなりました。入居開始を延期またはキャンセルしたいのですが、どの様な手続きをすればよいでしょうか?

A2先ずは契約手続きをした不動産業者に問合せしてください。一般的には入居開始日の延期はできますが、契約は開始していますので家賃は発生します。家賃の支払いをどの位延期できるかは相談になりますが、一般的には難しいと考えてください。この場合、契約をキャンセルすることになりますが、A1で記載した通り、一定の違約金が発生するのが一般的です。契約前に確認することをお勧め致します。

Q3一度入居した後、新型コロナウィルス等の影響で自国(自宅)でオンライン授業を受けたい場合、その期間の家賃はどうなりますか?

A3契約、入居後は住んでいなくても家賃が発生します。家賃を支払いたくない場合は解約する必要があり、この場合は契約書に記載されている「解約予告期間」に基づき、解約手続きが必要になります。一般的には1ヵ月前~2か月前予告が多く、解約する前に物件の管理会社への連絡と解約手続きが必要になります。事前に解約予告をすれば無駄な家賃の支払いをしなくてよいということになります。(即時解約したい場合はこの解約予告期間分の家賃を支払えば、すぐに解約ができます)

Q4オンライン授業が継続したため、新学期に向けた物件探しを諦めましたが、対面授業が始まることを受けて、改めて物件を探したいのですが、空いている物件はありますか?

A4一般的なアパート・マンションや学生専用物件(学生マンション、学生寮等)により状況は異なりますが、都内で借りる部屋がなくなることは先ずありません。先ずは早稲田大学生活協同組合のWebサイトからお問い合わせください。

Q5学生住宅フェアに参加したいのですが、新型コロナウィルスが流行している状況でもイベント開催していますか?
Q6海外からの日本入国者に対して求められている「自宅待機」の期間は、入国後、直ちに契約した部屋で過ごしても良いのでしょうか?
Q7新型コロナウイルスの影響を考えると、来店したり、フェア会場に来場したりするのが不安です。自宅にいてもお部屋探しは可能でしょうか?

A7可能です。フェア出展予定各社のほとんどは、ご相談~ご契約までをオンラインで完結できるシステムを整備しています。先ずは早稲田大学生活協同組合のWebサイトからお問い合わせください。また、各社店舗およびフェア会場におきましては、新型コロナウイルス感染拡大防止策を徹底しておりますが、ご来店、ご来場いただくお客様につきましても、①必要最小人数でのご来店・ご来場、②マスクの着用、③ご来店・ご来場時の手指消毒のご協力をお願いしております。

早大生の住まい探しTOPに戻る

« 早大生のための受験生・新入生応援サイトTOP