─早稲田パソコンのご案内─
4年間の保証と保険

4年間安心サポート
メーカー保証を4年間に延長

保証とは、正常な使用状態での故障を無償で修理するサービスのことです。メーカーの保証は基本的に1年間ですが、大学生活での使用が前提なので、生協で提案するパソコンは4年間保証になっています。
本体が故障した場合、メーカー保証範囲内であれば、何度でも無償で修理可能です。家電量販店では長期保証を付帯する場合に、別途料金が発生する場合がありますが、早稲田パソコンなら4年間メーカー保証が続くので、長い大学生活でも安心です。

事故にも対応、4年間動産保険

 最近ではスマートフォンに慣れているためか、パソコンも粗雑に扱う傾向があり、修理件数は増加傾向に。その中でも、持ち運び時に落下させ液晶割れ、レポート作成時にキーボード上に飲み物をこぼした等、不慮の事故による破損は大学生につきもの。
1年間に生協で受け付ける修理のうち、約3分の2が「コワした」ことによるものです。でも、この場合、自然故障には該当しないので保証の対象外。予定外の高額な修理代が掛かります。
パソコンを「使い捨て」にしないためにも、生協の早稲田パソコンは動産保険に加入しています。不慮の事故で「コワした」時にも安心です。

動産保険あり/なし簡易比較 (2018年度提案パソコンに附帯の動産保険)

持ち運び中に落下、液晶が割れた 机から落下、ハードディスクが壊れた 盗難被害に遭ってしまった
保険
あり
修理費用:
負担0〜5,000円
修理費用:
負担0〜5,000円
新品購入のための補助金支給
保険
なし
修理費用:
6〜10万円程度
修理費用:
4〜5万円程度
補償なし

修理見積例

修理を申し込んだ先輩の声

生協PCで良かったと感じた点

 購入前は他のPCと比べて価格が割高だと感じましたが、現在は生協PCを選んでよかったと感じています。その様に感じた一番の理由は強い耐久性と保証の手厚さです。私は部活動や授業での利用の為に毎日PCを持ち歩いていましたが、多少ぶつけてしまったり、衝撃がかかってしまったりした際にも、殆ど壊れることがありませんでした。それでも、大学4年間で2回程、画面の破損などに見舞われてしまいましたが、その際にも、生協PCの修理保証や再購入補助を利用することで、自己負担を最小限に抑えることが出来ました。勿論壊さずに使い続けられることが一番ではありますが、こうした保証やサービスがついているということを考えると、生協PCの値段は決して高くなかったと思います。

先輩学生の声


保護者の声

娘のパソコンは、早稲田大学生協で購入しました。

  長女は、我が家の大学生になる最初の子だったので、私は何も分からない親でしたが。とりあえず、「大学の生協なら、安心で頼りになりそう〜」という“感じ”での選択でした。
ところが、その“感じ”での選択が、実際は“手堅い堅実”な選択であったということを、後々実感することとなりました。
 今の大学生のパソコンは、ほとんど筆記用具並みの必需品ですね。我が家の娘も、通学用のリュックの中にボソリとノートパソコンを突っ込み、パソコン携帯で身軽に移動していました。そんなことをしていると‥「パソコン、落とした! 割れた!」というアクシデントが勃発。メーカー保証は、“落とした”という理由では無償修理は適用されませんが、生協で購入したおかげで保険があり、10万円近くかかる修理代が5000円ほどで済みました。また、修理期間中の代替機の貸し出しもあったそうで、学校生活に支障なく過ごすことが出来たようです。そして、その事態に関する手続き全般も生協さんの方でお世話していただき、娘も大変助かったそうです。
 そのような報告を娘から聞き、本当に「頼りになったのだ」と思いました。
 地元の親たちの間では、「大学生協のパソコンは高い」という話があります。確かに、今の時代、量販店などで安く手に入ります。しかし、何かあった時の「安心で頼りになる」
“親心”搭載の機器は、大学生協のパソコンだと思います。

入学者のお母様

所沢キャンパス
早稲田パソコンのご案内