─早稲田パソコンのご案内─
パソコン選びのポイント

まずは大学のシステム環境を確認しましょう。

早稲田大学ではMyWasedaという大学のポータルサイトで履修登録やレポート提出などを行います。まずはそのシステム環境に合っているパソコンを探しましょう。

参考:早稲田大学 各種システムの推奨環境

生協の提案する早稲田パソコンは、
毎年、早稲田大学に検証を依頼。大学内システム環境が使用できないということもありません。

学生

授業には必須のMicrosoft Officeとセキュリティソフト

大学に入学して、ゴールデンウィーク頃には最初のレポート課題が課されます。パソコンにはMicrosoft Officeをインストールして使うことになりますが、早稲田生は早稲田大学が契約したものを無料で使用できます。すでにOfficeを持っている場合はそのまま使って大丈夫ですが、新しくパソコンを購入するときにはOfficeを一緒に購入する必要はありません。
在校生でもこのことを知らない人もいるので、注意してください。

また、Windowsパソコンにはセキュリティソフトは必須です。個人情報を守るためにもパソコン本体を買って安心せず、忘れずに用意しましょう。

生協の提案する早稲田パソコンは、
無料セットアップ講習会にてOfficeのインストール方法の説明を行うため、最初のレポート課題提出までにOfficeが使えるようになります。
また、セキュリティソフトを標準で添付。セキュリティソフトの設定も無料セットアップ講習会にて行います。

学生

4年間使い続けられる丈夫なモバイルパソコン

早稲田大学では学内無線LANが使用できるため、時間割の空きコマを利用してレポートなどパソコンを利用することを踏まえると、バッテリーが長持ちする持ち運びやすい軽量なパソコンがおススメ。
今はタブレットPCなどの1kgを切る重さのパソコンが売られていますが、軽いパソコンを買ったけれど落として液晶が割れてしまい、買い替えることになってしまったりなど、持ち運びに耐えられる耐久性も必要です。

生協の提案する早稲田パソコンは、
PanasonicのLet's noteを採用。76cm落下試験、100kg加圧振動試験に合格した頑強な筐体を持つパソコンで、大学の教授や企業でも多く採用されている機種です。

学生

所沢キャンパス
早稲田パソコンのご案内