─早稲田パソコンのご案内─
みんなの声

購入者の声

購入者の声①

早生協のパソコン(通称:早稲パソ)を選んだ理由

 理工キャンパス内に生協の購買があり、そのなかにパソコンについて相談ができる窓口が設けられています。
キャンパス内なので、おかしいなと思ったらすぐに相談に行けるというのも早稲田パソコンの良いところです。私自身も、パソコンの調子がおかしくなった時にお邪魔いたしました。昼休み終わるぎりぎりに行ったのですが、すぐさま対応してもらって無事に3限の授業を受けることが出来ました。

先進理工学部 電気情報生命工学科 2年 首藤みおさん


購入者の声②

身近なサポートは大切です!!

 大学生活においてパソコンは重要なアイテムです。しかし、持ち歩くことが多いため、故障に対する不安もありました。
そんな中、大学生協のパソコンは4年間メーカー保証が付いた生協価格で購入できると知り、購入を決意しました。現に、パソコンの調子が悪くなればいつでも修理に出すことが出来るため、安心して持ち歩いています。代替機も貸してくれるので修理中も課題やレポートに取り組めるので対応が万全で驚きました。

先進理工学部1年 岡本さん


購入者の声③

講習会のおかげで

 大学に入学するまで自分用のパソコンを持っておらず、初期設定ができるのか、ウイルス対策などはどうすればいいのか、他の人についていけるかと多くの不安がありました。
しかし、早稲田大学生協のパソコン講習会では、一から丁寧に説明してくれるだけでなく、多くの設定を全員ができるようにしてくれ、安心してパソコンを使えるようになりました。また、大学の先輩方がサポート役でいてくれて、気軽に質問でき、細かいところまで理解できました。

創造理工学部1年 東さん

上級生の声

上級生の声

生協で買えばよかった

 理工生は、パソコンを授業やレポートでほとんど毎日使います。もしパソコンが壊れてしまったら、大変なことになります。実際に、僕は一度パソコンを壊してしまったことがあります。家電量販店で購入したものだったので、修理にかなりの時間がかかり、その間はパソコンなしで授業を受けることになってしまいました。その時生協で買っておけば…と後悔したのを覚えています。生協では、故障してしまった場合に代用機を貸してもらえますし、修理にも迅速に対応してもらえます。4年間使うことを考えると、生協で買えばよかったなと今になって思います。

創造理工学部経営システム工学科 2年 小森啓太さん

保護者の声

保護者の声①

何かあった時の「安心で頼りになる」“親心”搭載のパソコン

 娘のパソコンは、早稲田大学生協で購入しました。
 長女は、我が家の大学生になる最初の子だったので、私は何も分からない親でしたが。とりあえず、「大学の生協なら、安心で頼りになりそう~」という“感じ”での選択でした。ところが、その“感じ”での選択が、実際は“手堅い堅実”な選択であったということを、後々実感することとなりました。
 今の大学生のパソコンは、ほとんど筆記用具並みの必需品ですね。我が家の娘も、通学用のリュックの中にボソリとノートパソコンを突っ込み、パソコン携帯で身軽に移動していました。そんなことをしていると…「パソコン、落とした! 割れた!」というアクシデントが勃発。メーカー保証は、“落とした”という理由では無償修理は適用されませんが、生協で購入したおかげで保険があり、10万円近くかかる修理代が5000円ほどで済みました。また、修理期間中の代替機の貸し出しもあったそうで、学校生活に支障なく過ごすことが出来たようです。そして、その事態に関する手続き全般も生協さんの方でお世話していただき、娘も大変助かったそうです。
 そのような報告を娘から聞き、本当に「頼りになったのだ」と思いました。
 地元の親たちの間では、「大学生協のパソコンは高い」という話があります。確かに、今の時代、量販店などで安く手に入ります。しかし、何かあった時の「安心で頼りになる」“親心”搭載の機器は、大学生協のパソコンだと思います。

イメージ


保護者の声②

総合的な安心のために早稲田パソコンにしました

 確かに8万円くらいでもそれなりのパソコンが買える中で、生協のパソコンは20万円くらいして高いと思いましたが、早稲田パソコンにした一番の理由は、娘がパソコンを苦手にしていたから。早稲田パソコンなら、娘が困っても、すぐに聞きに行って教えてもらえるだろうし、そういうアフターサービスがしっかりしていると思ったから早稲田パソコンの購入を決めました。

 また、二番目の理由としては、価格は高いが、大学教授も愛用するような、質の高いパソコンだったからです。

イメージ

卒業生の声

卒業生の声

日々を忙しく活動的に過ごす早稲田理工生へ

 パソコンを選ぶ上で1番のポイントは頑丈性だと思います。パソコンは丁寧に扱わないといけないものとは分かっていても、毎日持ち歩いていると、つい落としてしまったりするものです。私自身、何度か高い位置から落としてしてしまい、ひやっとした経験がありますが、レッツノートは毎回びくともしませんでした。大学を卒業した今でもばりばり使用しています。
 レッツノートは軽く・頑丈な造りなので、日々を忙しく活動的に過ごす早稲田生にはぴったりのパソコンだと思います。気兼ねなく色んな場所に持ち運んで活用して、少しでも皆様の学生生活を充実させる手助けとしてください。

2014年卒業 畠佳子さん

一年間電話サポートの声

一年間電話サポートの声

パソコンの操作に慣れていない方にも わかりやすい説明を

 大学生協の無料電話サポートでは、パソコン購入後の初期設定から突然発生するトラブルまで、幅広いサポートを行っています。応対するスタッフ全員がマイクロソフト社の資格を取得しており、パソコンを初めて購入された方にも分かりやすい言葉使いや、マニュアルをご確認いただきながらの説明を心がけています。サポートセンターというと、電話がつながりにくいイメージがありますが、我々の電話サポートは、そのようなことがないよう環境を整えており、皆さんが大学生活で快適にパソコンをお使いいただくために力を尽くしています。

電話サポートスタッフ 矢口友里さん

パナソニックの声

パナソニックの声

立派な社会人になってほしい。それがPanasonicの願いです。

 我々が作るこのレッツノートは、軽く、頑丈な上、コンパクトで、壊れにくいことで多くのビジネスマンや先生方からの支持をいただいています。学生の皆様から多く寄せられる「より軽く、ただDVDドライブは削らないでほしい」という声を最大限開発に活かしました。学業だけではなく日常生活も含め、このパソコンを使い倒してください。

 大学生活は社会人にとって必要な知識やスキル、そして経験を磨く場であると思います。このパソコンを通じて、そのような皆様の成長を1社会人として手助けできれば、嬉しい限りです。

パナソニックシステムネットワークス 牛島祥雅さん

修理業者の声

修理業者の声

私共グローバルソリューションサービス(株)は大学生協から委託を受けて、パソコンの修理を行っています。

 パソコンは精密機器ですので通常使用による自然故障をはじめ、破損・水濡れなどの事故(過失)による故障なども多く見受けられます。

(例)

  • 膝の上で操作していた時に滑り落ちてしまった。
  • 誤って踏んでしまい、画面一部が映らなくなった。
  • ボールペンを挟んで液晶を割ってしまった。
  • ジュースをキーボードにこぼしてしまった…

 このように弊社ではさまざまなケースで故障したパソコンをお預かりしています。学生の方は気軽にパソコンを持ち歩くことも多いからか過失による故障も少し多く感じられます。生協のオリジナルパソコンには事故(過失)などにも対応する手厚い保証がついており、修理が必要な場合はお買い求めの生協に持ち込んでいただけば受付ができるので、手続きも簡単で在学中ずっと安心してお使いいただけると思います。

グローバルソリューションサービス 熊谷隆之さん

生協職員の声

生協職員の声

パソコン保険に入っていないと液晶割れ約7万円!

 理工生は持ち運びも多いので修理も多いのが実態です。1日に平均2・3名の学生さんがパソコンを壊してしまったと、カウンターにやってきます。自然故障より、圧倒的に液晶割れやジュース等液体こぼしの頻度が高いです。
もし、パソコンに保険がかかっていなければ、通常約7万円が請求されてしまいますが、早稲田パソコンには4年間の保険に入っているので通常7万円する修理も、自己負担金が5,000円で済みます。実際にカウンターで修理受付をしているからこそ、保険の重要性を感じます。4年間パソコンを壊さない自信がありますか!?

生協職員 佐藤晶子

西早稲田キャンパス
早稲田パソコンのご案内