教えて先輩!

ここでは僕たちが,普段の学校生活や住まい探しの体験談などを紹介します!
ぜひ、参考にしてみてください!

普段はこんなことをしています

宮本:まずは、自己紹介もかねて学校の話とかから!
僕は、西早稲田キャンパスで卒論に向けた研究をする傍ら、早稲田キャンパスで教職過程の授業を受けています。宮本先輩の場合

黒谷:私は、文学部なので、戸山キャンパスで日本語や日本文学の勉強・研究をする傍ら、自主ゼミや、副専攻で言語学の講義を早稲田キャンパスで受けています!それ以外では、週一で趣味のレッスンを受けたり、サークル活動にも参加したりととても充実しています。

:私は必修がまだ残っているので、今は週5で学校に行きます。勉強でわからないところがあったら先輩に聞いたり、友達と一緒に議論して解決したりして、みんなは丁寧に教えていただいてありがたいと思っています。黄先輩の場合

澁谷:学校では文化構想学部の講義に加え、図書館司書過程の講義も受けています。澁谷先輩の場合

板岡:僕は週に一回のゼミで指導を受けながら、卒論の執筆をしているところです。あとは学生会館にあるサークルの部室で、友人と語りながらぼんやりと過ごしたり。
とはいえ、もう4年生で、すでにほぼ単位を取り終えていて授業はそのゼミのみなので、大学よりは断然家で過ごしてる時間のほうが長いなぁ 笑
ロフトで本を読み漁ったり、居間で好きなテレビ番組を観たり、キッチンに立って凝った料理作りに取り組んだり。大学生活中で今が一番と言っていいほどに、自分の住まいでの時間を満喫してます 笑

黒谷:私は、お家ではまったり趣味に没頭したり、ゆっくり休んだりしていますね。文学部はわりと暇なので 笑

宮本:うらやましい!笑 僕はほとんど学校にいるから、家ではできるだけのんびりしてる。今、家は憩いの場だよ 笑

:私も普段はほとんど学校なので、週末家で過ごすようにしています。好きな音楽を聞いたり本を読んだり過ごしています。

澁谷:僕も家では、本を読むか、寝るかの二つに一つですね。

  澁谷さんの場合 黄さんの場合 宮本さんの場合
登校日数 土日を除いた週5日 週5日 週2日~6日
滞在時間 最大 9時間 9時間 12時間
最短 5時間 5時間 1,2時間
平均 8時間ぐらい 7時間 7~8時間(授業がほとんどないので、卒論の進行具合やバイトとの兼ね合いで適宜調整)
登校時間 電車乗車時間27分弱、徒歩16分 徒歩で25分 電車+徒歩で約45分(西早稲田キャンパスの場合)、電車+徒歩で約50分(教職課程講義のため早稲田キャンパスの場合)

アルバイトや生活費について

宮本:今度は少し学校を離れて、アルバイトなんかについても聞いてみたいんだけど、気になるのは、どんなバイトでいくらくらい稼いで何に使ってるか、かな。

渋谷:僕は、予備校の模試監督のアルバイトをしています。ただし、継続的ではなく、単発で、また自分で申し込みをする登録制のバイトです。安定はしてませんが、それでも月に2万くらいの収入があります。収入の使い途は特に決めてはいません。

板岡:僕も単発で、都営バスの交通調査のアルバイトを行っています。一ヶ月では約4万円ほどの収入になります。使い道については、「生活費のためにバイトするくらいだったら、自分の学びたいことを好きなだけ学ぶ時間に費やしなさい」という両親や祖父母の考えもあり、これまでも生活費の足しというより、専ら旅行などやりたいことができた時に、単発でその目的のために行うという感じでした。現在目下のアルバイトの目的は、卒業旅行の資金のためです……!

宮本:卒業旅行、結構お金かかるもんね 笑

:私は、今はアルバイトしていないですが、以前、生活費に当てるためにコンビニでアルバイトをしたことがあります。人と話すのが好きですので、接客のアルバイトしようと思って、コンビニにしました。(コンビニのアルバイトは簡単で楽に見えますが、実際は商品を出したり、機械の操作も容易に覚えるものではないと思っています。)その時はあまりバイトに入ってなかったので、月に3万円ぐらい稼いだけど、生活費には全然あてられなかったです 笑

現在アルバイトをしているか

現在アルバイトをしているか

月々のアルバイト収入

月々のアルバイト収入

アルバイトとその収入の用途

アルバイトとその収入の用途

出典:〜第50回(2014年) 学生生活実態調査〜早稲田大学データ集


宮本生活費ってワードが時々出たけど、ぶっちゃけ、みんないくらくらいで生活してるの?

板岡:僕の場合、一ヶ月の生活費は10万円、家賃を含めると16万円です。食事は、授業やサークルなどで外に出向く日には朝だけ作って昼夜ともに外食で済ませたり、逆に家で過ごす日には3食とも自炊したりという感じで、外食と自炊の割合では半々といったところでしょうか。食費は外食する日で1000〜1200円、自炊する日だと800~1000円ぐらいです。大学周辺には安くたくさん食べられる店が多く、逆に一人分を自炊しようとすると意外と高くつくこともあるので、さほど大差はつかないですが、それでも少しでも食費を浮かせようと、なるべく自炊するようには心がけています。板岡先輩の場合

宮本:自炊の場合、意外と一人分とか一食分の材料買うと、安いところで食べた時と変わらないなんてことあるよね。多めに作って冷凍しておいたり、同じ材料で別のもの作ったりって工夫していくのがいいんだけど、なかなか慣れるのには苦労するよ 汗

:私は、一ヶ月の生活費は17万円くらいです。朝ご飯は基本的に抜いてそのまま学校に行くという感じが多いですね。お昼ご飯は友達かあるいは1人で外食しています。一食800〜1000円くらいかかります。夕ご飯はバラバラで、6限までに授業が入ってる日だったら、授業が終わった後に外食したり、そうでない場合だと、自炊が多いですね。一ヶ月に外食の日は3分の2くらいで、残りは自炊しているという感じです。黄先輩の場合

宮本:一人暮らしは基本食事がメインというか、結局そこを一番悩むよね。寮生活だと、その辺は楽だよね?

澁谷:そうですね。食事は朝夕は寮の方で出してもらえて、昼は大学の食堂で食べます。食事代は家賃と一緒で、生活費としては大体一月4万円くらいで生活しています。全てを使いきることは稀です。澁谷先輩の場合

宮本:いつも寮の食堂で食べてるの?

澁谷:基本的に朝夕は寮で食べます。ただし、週1は夕食を外食にすることもあります。しかし、食堂にお盆一式を置いていけば、作りおきを作ってくれるので、節約のため、外食はなるべく避けています。ただし、日曜日は寮の食事はないので、カップ麺のような簡単なものや外食で済ませることが多いです。

  澁谷さんの場合 黄さんの場合 板岡さんの場合
食費 (外食の場合)月5,000円未満 40,000円 30,000円
家賃 約100,000円(朝夕2食込み) 70,000円 61,000円
交通費(定期代) 14,510円(3ヶ月) 2,000円(定期無し)

1,500円

(4年になり学校へ行く日が減ったため現在は定期なし。自転車通学も出来る範囲なので、自転車で通学する日もあり。)
光熱費 洗濯機が1回150円、乾燥機が一回200円 週2回洗濯するので300円 10,000円 6,000円
学業費(教科書代等) 5,000円 10,000円 15,000円
娯楽費・貯金   15,000円 50,000円
日用品・衣服代その他   25,000円

30,000円

(インターネット・新聞代10,000円)含む

生活費データ

住まいで困ったこと・大変だったこと

宮本:じゃ、最後に住まい探しのことについて。みんなは、実際に探す中で困ったこととかある?

:私は住まい探しはかなり遅いほうでしたので、自分が求める条件に合う物件がなかなかなくて、生協と提携している不動産のスタッフが親切に部屋を紹介してくださって助かりました。

板岡:僕は、物件を決めたのが、早稲田に合格した直後の2月半ばだったけど、時期だけじゃなくて、地方出身で東京の土地勘が皆無だったことも苦労したかな。希望の条件も大学に近めで他の街にも行きやすい場所、と漠然としていて、どう決めていいのかもわからず大変でしたね。でも、そうした時に支えになったのが不動産の方であり、一緒に候補の物件を廻って話を聞いてくださった、その不動産の学生のサポーターの方でした。親身に相談に応じてくれ、都心に暮らし住まう方だからこその体験談や情報をうかがうことができたのは、本当に頼もしかったですね。

宮本:ほんと不動産の方にはお世話になったよね。今年は僕らも、こうした体験談とかでもサポートしよう!

部屋を決めたポイントは?

澁谷:体験談という意味では、部屋を決めたポイントとかはどうですか?僕の場合は試験の最中だったこともあり、正直、親に任せっきりでした。でも、今の学生寮に決めたのは、最寄り駅から徒歩十分以内という近さや、徹底したセキュリティ面、朝夕のごはんが出ることでしたね。

黒谷:私、1年目は寮に住んでましたけど、そのときは、とにかく見学をして気に入ったところにしました!候補を3つくらい決めて1日で回ってみたら、一口に寮と言っても結構違いがあったので、時間がある方は実際に見てみることをお勧めしますね。黒谷先輩のお部屋

宮本:僕はわりと設備重視で選んだかな。セパレートとか料理も好きなのでキッチンはコンロ2つとか、距離は少し遠くてもやりたいように暮らせるところを選んだね。宮本先輩のお部屋

:私は、住まいの周りの環境とオートッロク付きかどうかによって今の部屋を決めました。周りは静かで、あたりの並木は春になると桜を楽しめます。

板岡:僕は、逆に場所が決め手でした。大学に近く静かな住宅街の中にあり、大学以外の場所へ出るにも交通の便が良い。特に交通に関しては、サークルの活動や趣味で都内各地に出歩くにあたって、かなり重宝しましたね。

終わりに

僕たちの話は参考になったかな?今後も皆さんのお役に立てるような情報を提供できるように、僕たちも頑張ります。また、住まい探し相談会会場では、僕たち学生スタッフもいるので、気になったことや聞いてみたいことがあったら、気軽に声をかけてください!みなさんに会えるのを楽しみにしています!!

学生スタッフ一同

早大生の住まい探しTOPに戻る

« 早大生のための新入生応援サイトTOP